アイコン-ペン【必見】介護タクシーの開業希望者からよく受ける質問集!よく読まれています。

介護タクシー全国対応!許可取得実績が豊富な行政書士が98,000円~から申請代行します!

デイサービス 資金

この記事の結論と要約
無担保無保証で受けられる新創業融資の要件をまとめています。資金が足りないのであれば活用しましょう。

を開業しようとする人が最初に悩むことは資金面ではないでしょうか。

デイサービスはオープン直後に事業開始後の半年分の運転資金を含めた額が必要だと言われています。

通所介護の指定を受けるためには、開業する前から物件の賃料や人件費を支払わなければいけないからです。

全て自己資金で補えることが出来れば、そうはいかないとこともあるでしょう。実際には銀行からお金を借入れてスタートする人が多いです。

そういう人はどこからお金を借りているのでしょうか。またお金を借りるには自分が会社の連帯保証人になる必要はあるのでしょうか。

この記事を読むことで新創業融資制度を知ることが出来ます

新創業融資制度とは

国が出資している日本政策金融公庫が管轄する新創業融資制度というものがあります。

原則、無担保無保証人で融資を受けられ、融資限度額は3,000万円以内です。

実際に無担保無保証で3,000万円を借りることは現実的ではありませんが、500万円程度は無担保無保証で融資を受けられます。

新創業融資の要件

国が支援しているとはいえ誰でも簡単に融資が受けられるわけではありません。

新創業融資の要件は大きく分けて3つがあげられます。

◆新創業融資の要件



・創業の要件

・雇用創出の要件

・自己資金の要件

一つずつ確認しましょう。

創業の要件

新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方が新創業融資の対象者です。

これから立ち上げる人は対象者です。

雇用創出の要件

雇用の創出を伴うものでなくてはいけません。

デイサービスには指定を受けるためには、人材雇用が必須です。

つまり対象者になります。

自己資金の要件

事業開始前、創業時において創業資金総額の10分の1以上の自己資金を確認できる方。

融資を受けるには返済義務のないお金を一定金額以上持ってなくてはいけません。返済義務のないお金のことを自己資金といいます。

また自己資金は貯金額だけでなく貯め方も重要です。月々の給料から貯金をしていたことがベストです。なぜベストなのか。

それは融資は面談で決まるからです。

自己資金は開業への熱意とも取れます。貯金した過程がないと

『起業してもうまくいく根拠はないよね。思い付きで行動してるだけじゃないの?』と思われても仕方ありません。

実際に融資を受けるためには融資を受けたい金額の3分の1を自己資金として用意しましょう

まとめ

アイコン-チェック・新創業融資は無担保無保証で融資を受けられる
・融資には要件が3つある
・自己資金は貯金の過程が重要
・自己資金は融資をうけたい額の3分の1を用意する

お金を貸りること返済することはセットです。しかし、新創業融資は無担保で無保証人です。

国が新たに事業を始める人を応援するための制度なので、借り手側のリスクが低く設定されています。しかし返さなくていいわけではありません。ご注意下さい。

融資に必要な額は半年分の運転資金と施設の契約金や工事などの初期費用です。それらの見込額を明確に算出して上で融資の面談時に説明します。

見込額の計算は融資を受けるためのデイサービスの必要資金の算出方法を参照にして下さい。

融資は面談なので最終的には人間の熱っぽさが決めてと言われています。

資金が足りないのであれば新創業融資を活用しましょう。

介護事業の指定申請・許可をお考えのお客様へ

介護事業の営業許可は法人を設立してから指定を受けるなど細かな手続きが求められます。

いざ自分で申請書を書こうとしても、介護行政は似たような用語も多くて理解するの時間がかかってしまうことも。

そのために開業準備や退職前で忙しい時期に思うようにことが進まなく、開業時期がどんどん遅れてしまうこともありえます。施設系の許可であれば空家賃のリスクをも孕んでいます。電話番号

このサイトをここまで読んだあなたは

・「自分で営業許可をとりたいけど申請書の書き方が分からない」

・「介護で独立してもうまくやっていけるのだろうか」

・「任せるのであれば介護専門の行政書士が良いけど誰がいいのか分からない」

等々、悩んでいませんか。


当事務所は、介護行政の営業許可のシステムを日々研究して

・最短×格安で許可の取得

・事務手続きの軽減化

・最適なソリューションによる安心感

これらをご依頼人に提供することに成功しております。

 

依頼を受けた後も、

・時間と費用を最大限カットしたサービス

・必要最小限のこと以外は丸投げしてもらうスタイル

・許可後の法的安定性を見据えた申請

 

この3点をモットーに、末長くご依頼人に信頼感を感じてもらえるよう誠実に業務に取り組んでいます。

当サイト内の記事では開業で悩まれる方々に向けた開業情報やお役立ち情報をなるべく分かりやすく公開しています。

また皆様のご家族にも活用できるような介護行政サービスや介護保険制度の解説の記事もあります。

どうかお役立てください。

介護事業の開業で分からないことがあれば気軽にご相談ください。

当サイト監修


行政書士として各種許認可を中心に年間300件の相談を受ける。

特に介護行政の手続きには力を注ぎ、許認可取得のアドバイスから開業後のコンサルタントまで幅広く活動。

上田貴俊行政書士事務所

〒107-0052

 東京都港区赤坂9-6-28 アルベルゴ乃木坂612

電話番号 03-6796-3064

FAX 03-6732-3063