アイコン-ペン【必見】介護タクシーの開業希望者からよく受ける質問集!よく読まれています。

介護タクシー全国対応!許可取得実績が豊富な行政書士が98,000円~から申請代行します!

s_photo-1421757295538-9c80958e75b0

この記事の結論と要約
介護事業で独立する事業所向けの記事です。立ち上げ時に不足する資金を無担保で調達できる制度融資の概要をまとめました。詳しくは記事内でご確認ください。

介護事業の創業直後は国保連への請求等も相まってまとまった入金がないのが特徴です。

なので立ち上げ時に融資を活用して資金を調達する事業所は珍しくありません。

資金調達の方法の一つに制度融資があります。

制度融資とは都道府県や市町村などの地方自治体と信用保証協会、銀行の3者が協力して資金を貸し出す制度のことです。

自治体が金融機関に資金を預託し、さらに事業所の利子を半分補給して資金の調達をサポートします。くわえて信用保証協会が銀行に債務の保証をすることで銀行が融資を判断します。

また日本政策金融公庫が行う創業融資と制度融資は別物です。公庫の融資については『介護事業で創業融資を受ける人が知っておきたいこと』でご確認ください。

この記事では制度融資のメリットとデメリットを確認しましょう

制度融資のメリット

制度融資のメリットは大きく3つあげれらます。

◆制度融資のメリット

 
 
・無担保無保証で融資を受けられる

・金利が低い

・返済の据置期間が長い

一つずつ確認しましょう。

無担保無保証で融資を受けられる

これから創業する人は金融機関から信用がないことは当然ですね。

信用がないと担保を要求されることが一般的ですが、制度融資には求められません。最低限の実績と自己資金が融資の判断基準です。

では担保もないのに仮に返済ができなくなったらどうするのでしょうか。

その場合には信用保証協会が金融機関に返済します。ただし、借金が免除されるわけではありません

代わりに返済した信用保証協会に融資を受けた事業所が直接返済していきます。

金利が低い

貸付金の金利が低いことが制度融資の特徴です。

なぜなら自治体が利子の一部を負担していることが多いからです。

自治体によって異なりますが貸付金利は1%台になります。

返済の据置制度が長い

据置期間とは元本を返済しないで金利だけを支払えば良いという期間のことです。

介護事業にかかわらず創業期というのは赤字になりがちです。創業赤字なんて言葉もありますよね。

制度融資の据置期間は長くて1年なので、比較的資金繰りをしやすくなります。(自治体により期間は異なります)

注意点としては元本分は返済していないので据置制度を利用しなかった場合と比べるとトータルの返済金額が多くなることです。

メリットは以上です。

制度融資のデメリット

制度融資のデメリットは2点あります。

◆制度融資のデメリット

 
 
・自己資金までしか借りられない

・融資まで時間がかかる

一つずつ確認しましょう。

自己資金までしか借りれない

制度融資で借りられる最大限の金額は自己資金と同額までです。

自己資金が100万円であれば100万円までが融資の対象額になります。制度融資の金額では不足分を補えない事業所にはデメリットと言えます。

融資まで時間がかかる

制度融資は地方自治体と信用保証協会と銀行の3者が関係します。

自治体と金融機関、信用保証協会がそれぞれで審査をするので、その分審査の時間がかかります。

制度融資は2ヶ月半ほど融資まで時間がかかると言われており、早くても1カ月です。融資を受ける時期には注意しましょう。

まとめ

アイコン-チェック・制度融資は自治体が事業所を資金を調達するサポートをする融資制度
・返せなくなっても借金が免除されるわけではない
・融資が下りるまで公庫より時間がかかる
・公庫の融資とは別物なので両方とも融資申請が可能

介護事業の創業資金を調達するのに制度融資は活用しやすい制度だと言えます。

また日本政策金融公庫の融資と制度融資は別物と書いた通り、それぞれを同時に申し込むことは可能です。

提出する書類はほとんど共通しているので、創業時に資金が足りない場合は両方の融資を活用することも検討しましょう。

融資を受けるために重要なことは自己資金要件としっかりした創業計画です。創業計画を立てた上で、どれくらいの額が必要か明確にしましょう。

介護事業の指定申請・許可をお考えのお客様へ

介護事業の営業許可は法人を設立してから指定を受けるなど細かな手続きが求められます。

いざ自分で申請書を書こうとしても、介護行政は似たような用語も多くて理解するの時間がかかってしまうことも。

そのために開業準備や退職前で忙しい時期に思うようにことが進まなく、開業時期がどんどん遅れてしまうこともありえます。施設系の許可であれば空家賃のリスクをも孕んでいます。電話番号

このサイトをここまで読んだあなたは

・「自分で営業許可をとりたいけど申請書の書き方が分からない」

・「介護で独立してもうまくやっていけるのだろうか」

・「任せるのであれば介護専門の行政書士が良いけど誰がいいのか分からない」

等々、悩んでいませんか。


当事務所は、介護行政の営業許可のシステムを日々研究して

・最短×格安で許可の取得

・事務手続きの軽減化

・最適なソリューションによる安心感

これらをご依頼人に提供することに成功しております。

 

依頼を受けた後も、

・時間と費用を最大限カットしたサービス

・必要最小限のこと以外は丸投げしてもらうスタイル

・許可後の法的安定性を見据えた申請

 

この3点をモットーに、末長くご依頼人に信頼感を感じてもらえるよう誠実に業務に取り組んでいます。

当サイト内の記事では開業で悩まれる方々に向けた開業情報やお役立ち情報をなるべく分かりやすく公開しています。

また皆様のご家族にも活用できるような介護行政サービスや介護保険制度の解説の記事もあります。

どうかお役立てください。

介護事業の開業で分からないことがあれば気軽にご相談ください。

当サイト監修


行政書士として各種許認可を中心に年間300件の相談を受ける。

特に介護行政の手続きには力を注ぎ、許認可取得のアドバイスから開業後のコンサルタントまで幅広く活動。

上田貴俊行政書士事務所

〒107-0052

 東京都港区赤坂9-6-28 アルベルゴ乃木坂612

電話番号 03-6796-3064

FAX 03-6732-3063