アイコン-ペン【必見】介護タクシーの開業希望者からよく受ける質問集!よく読まれています。

介護タクシー全国対応!許可取得実績が豊富な行政書士が98,000円~から申請代行します!

介護タクシー ランニングコスト

この記事の結論と要約
介護タクシーで起業する人は年間のコストがどれくらいかかるのでしょうか。具体的な額は個々人により異なりますが、コストを算定するにあたり計算項目は共通しています。自分の年間コストがどれくらいかは、この記事を読めばおおよそ分かります。参考にして下さい。

介護タクシーで独立を考えている人にとって、開業後の1年間にどれくらいコストがかかるのか関心あるのではないでしょうか。

一般的に介護タクシーは少ない資金でも独立することができ、リスクも低いビジネスだといわれています。

もし起業するとなれば具体的にどんな設備が必要で、どれほどのコストがかかるのでしょうか。結論から言えば個々により必要金額は異なります

ですが介護タクシー事業の費用はある程度は共通しています。

この記事では介護タクシー事業に必要な代表的なコストを載せるので、事業所ごとに算定してみて下さい。

ちなみに算定結果は許可申請書にも使えます。詳しくはこちらの『介護タクシーの自己資金。計算方法と申請書の書き方を簡単に 』でご確認ください。

このページを読むことで介護タクシーの1年間にどれくら費用がかかるのか知ることが出来ます

介護タクシーに必要な費用

介護タクシー事業の費用は大きく次の2つに分けられます。

◆介護タクシー事業に必要な費用



 
・初期費用

・運転資金

それぞれ確認しましょう。

初期費用

初期費用として必要な項目は次の通りです。

・車両代

・免許取得費用

・登録免許税

車両

介護タクシーには車両が絶対に必要です。当然ですね。

介護タクシーに使う車は一般車両か福祉車両を使うかで費用は異なります。同様に一括購入、ローン、リースのどれを選ぶかで月々の支払額も異なります。

事業に使う車を悩んでいる人は『福祉車両を買う前に必ず知っておきたいこと|介護タクシー許可』をご覧ください。

免許取得費用

介護タクシーで開業するためには二種免許が絶対に必要です。

既に持っている人は費用がかかりません。これから取得する人は大体20〜30万円かかります。

また福祉車両を使用しない場合、介護の資格を持っていなくてはいけません。介護系の資格を取得費用が別途かかります。これから初めて介護系の資格を取得する人は介護職員初任者研修を受講しましょう。

CF.『介護タクシーで開業!介護職員初任者研修を受講した方が良い理由』

登録免許税

登録免許税を支払わないと、営業許可を得ることは出来ません。

登録免許税は30,000円です。必ず必要なお金なので、用意しましょう。

初期費用は以上です。

運転資金

運転資金の項目は次の通りです。

・事務所と駐車場の賃借料

・給料

・法定点検費

・ガソリン代

・任意保険料

・租税公課

・通信費、広告費

一つずつ確認しましょう。

事務所と駐車場の賃借料

介護タクシーの許可要件に営業所と休憩施設、駐車場があることとあります。

営業所は自宅でも賃貸でも結構です。ただし賃貸の場合、事業用に使用する許可をオーナからもらわないといけません。

駐車場も自宅に駐車スペースがあれば、そこを利用することは可能です。

つまり自己所有か賃貸かで月々のコストは異なります

給料

人材を雇用するのであれば、その人の人件費が必要です。

時給で雇うのか、一件あたりで雇うのかで人件費は決まります。

法定点検費

車検や介護タクシーメーターの点検費用がかかります。

介護タクシーは営業用自動車に該当するので、毎年一回車検を受けなくてはいけません。

また3ヶ月に1回、法定点検という車検とは別の点検もかかります。費用はディーラーごとに異なるので、車両を購入する場合は法定費用も事前に確認しましょう。

ガソリン代

どれくらいかかるかは、使用する車両と利用者数で異なります。見込みを立てましょう。

任意保険料

介護タクシーは任意保険への加入が必須です。

任意保険には要件がありますので、注意しましょう。

使用する車両、運転手の年齢や事故歴等で変わります。年間15〜45万円ほどの幅があります。

租税公課

税金ですね。

自賠責、自動車税、自動車取得税、重量税、消費税が関係します。

福祉車両を使用すれば、そのうちの消費税・自動車税・自動車取得税は減免されます。ただし減免手続きをしなくてはいけません。

通信費、広告費

通信費は電話代やインターネット代金、広告費は折込チラシやポスター、ホームページ制作費です。

必要額は事業所ごとに異なります。

以上です。

まとめ

アイコン-チェック・年間のコストは事業所ごとに異なる
・福祉車両か一般車両を使うかで運転コストは大きく変わる
・賃貸する場合、オーナーから営業用として使用する許可が必要
・支払った領収書は捨てない。経費として計上出来る

いかがでしょうか。

介護タクシーに必要なコストはどれくらいかは事業所ごとによって異なることはご理解いただけましたか。

コストを抑えたければ福祉車両をローンで購入するのが1番効果的だと個人的に思います。

またこれらを支払った領収書は全て保存しておいて下さい。全てが費用として認められる可能性が高く、確定申告に必要だからです。

費用が心配な方は介護事業で創業融資!介護こそ融資を受けるべき理由をご覧ください。

介護タクシーの開業を考えている人は次の記事も参考になります。

・『介護タクシーの開業を考えている人必見!5分で分かる許可要件

・『介護タクシーで開業!車を1台持っていれば1人で起業可能?

介護事業の指定申請・許可をお考えのお客様へ

介護事業の営業許可は法人を設立してから指定を受けるなど細かな手続きが求められます。

いざ自分で申請書を書こうとしても、介護行政は似たような用語も多くて理解するの時間がかかってしまうことも。

そのために開業準備や退職前で忙しい時期に思うようにことが進まなく、開業時期がどんどん遅れてしまうこともありえます。施設系の許可であれば空家賃のリスクをも孕んでいます。電話番号

このサイトをここまで読んだあなたは

・「自分で営業許可をとりたいけど申請書の書き方が分からない」

・「介護で独立してもうまくやっていけるのだろうか」

・「任せるのであれば介護専門の行政書士が良いけど誰がいいのか分からない」

等々、悩んでいませんか。


当事務所は、介護行政の営業許可のシステムを日々研究して

・最短×格安で許可の取得

・事務手続きの軽減化

・最適なソリューションによる安心感

これらをご依頼人に提供することに成功しております。

 

依頼を受けた後も、

・時間と費用を最大限カットしたサービス

・必要最小限のこと以外は丸投げしてもらうスタイル

・許可後の法的安定性を見据えた申請

 

この3点をモットーに、末長くご依頼人に信頼感を感じてもらえるよう誠実に業務に取り組んでいます。

当サイト内の記事では開業で悩まれる方々に向けた開業情報やお役立ち情報をなるべく分かりやすく公開しています。

また皆様のご家族にも活用できるような介護行政サービスや介護保険制度の解説の記事もあります。

どうかお役立てください。

介護事業の開業で分からないことがあれば気軽にご相談ください。

当サイト監修


行政書士として各種許認可を中心に年間300件の相談を受ける。

特に介護行政の手続きには力を注ぎ、許認可取得のアドバイスから開業後のコンサルタントまで幅広く活動。

上田貴俊行政書士事務所

〒107-0052

 東京都港区赤坂9-6-28 アルベルゴ乃木坂612

電話番号 03-6796-3064

FAX 03-6732-3063