アイコン-ペン【必見】介護タクシーの開業希望者からよく受ける質問集!よく読まれています。

介護タクシー全国対応!許可取得実績が豊富な行政書士が98,000円~から申請代行します!

介護タクシー 脱サラ 開業

この記事の結論と要約
サラリーマンをやめて介護タクシーで独立を考えている人向けの記事です。サラリーマンは比較的社会的信用が高いので福祉車両等の高額な備品を購入する場合はサラリーマン時代にローンを結びましょう。


あなたはこれから介護タクシーで独立したいと思ってこのページをご覧になっている人でしょう。

今は会社員だけどそろそろ独立に向けて色々と始動したい。具体的に何をすればいいのだろうかと思いこのページに辿り着いたと思います。

もしあなたがこれから脱サラして介護タクシーを起業するのであれば気を付けて欲しい点が何点かあります。

この記事を読むことで脱サラして介護タクシーを開業する場合の注意点を知ることが出来るでしょう

サラリーマン時代にローンを組む

脱サラして開業しようとしているあなたはサラリーマンに大なり小なり不満に思うことがあるのでしょう。

しかしサラリーマンにはメリットがあります。それは社会的に信用があることです。

仮にあなたがどんなに仕事が出来る人でも独立直後や新規設立法人には信用がありません。

何が言いたいのかというとローンが組めない可能性があるということです。組めたとしても頭金で総額の半分以上を支払う契約や連帯保証人必須など、条件が厳しくなると感じることが一般的でしょう。

つまり脱サラ後だとローンを組むこと自体にハードルが発生します。

もしローンで福祉車両等の高額な備品を購入するのであればサラリーマン時代にローン契約することを意識した方がいいでしょう。

他にしておくべきことは?

ローンを結ぶ以外にしておくべきことは次の通りです。

クレジットカードを作る

クレジットカードは独立直後だと審査が厳しくなることが一般的です。

作成出来るかどうかもですが、キャッシュの上限額等の条件面もシビアになります。

既にクレジットカードを持っている人も追加で必要ないのか今一度確認しましょう。

要件を満たした駐車場を借りておく

申請書を提出前に車両を購入した場合、駐車場に車を停車させなくてはいけません。

単純に自家用車として駐車させるスペースであれば、車庫証明の要件を満たせば基本的には問題はありません。しかし営業用車両である介護タクシーの駐車場には許可要件が決められています。

要件は次の通りです。

◆介護タクシーの駐車場の要件

 
 
・営業所から2km以内

・前後左右ともに車両の大きさ+1m以上の広さ

この要件を満たした駐車場を用意しないと許可は取得出来ません。

なんとなく目の前の駐車場を契約しておいて、いざ許可を取ろうとすると違う駐車場を用意しなくてはダメということも。

駐車車の要件をクリアーした場所を契約しましょう。

すでに会社を辞めている場合

既に会社を辞めていてる場合はお金と二種免許さえあれば介護タクシーが開業出来ます。

もし資金が足りなければ、大手の銀行で融資を受けるより日本政策金融公庫を活用しましょう。国が出資をしている銀行でこれから事業を興す人を応援するための制度があります。

日本政策金融公庫が融資機関となり、事業に使用すると認められる資金であれば比較的融資が受けやすい制度となっています。

福祉車両の購入資金や開業後の運転資金も融資対象です。創業融資に関心のある方は次のリンクからご確認ください。

◆創業融資と介護タクシー

 
 
介護で開業!創業融資の要件の自己資金の概要
介護事業で創業融資!介護こそ融資を受けるべき理由

副業が許されるのであれば・・

介護タクシーは副業で始めることに比較的適している事業だと思います。

もし会社が副業を認めているのであれば、週末起業で始めてみてもいいでしょう。

なぜならいきなり独立しても利用者がいるとは限らないからです。福祉の仕事にずっと就いていれば別ですが、事業を始めても周囲に認知されるまでは時間がかかります。

起業するハードルは低いですが車のローンを始め任意保険など維持費はどうしてもかかります。ある程度の見込みが出来るまではサラリーマンを続けてみるのも良いのではないでしょうか。

 

まとめ

サラリーマンは社会的な信用度が高いです。

逆に独立したての人は信用度が低いです。サラリーマン時代には問題なかった審査も通らなくなります。

介護タクシーは車両がなければ開業出来ません。ローンで購入する計画ならサラリーマンの肩書をフルに活用しましょう。

特に新規法人で開業する人は法人名義で車を購入しなくてはいけません。つまりローンが通りにくいです。融資を活用するか、サラリーマン時代に購入した車両を名義変更する方が購入は容易いと言えるでしょう。

介護事業の指定申請・許可をお考えのお客様へ

介護事業の営業許可は法人を設立してから指定を受けるなど細かな手続きが求められます。

いざ自分で申請書を書こうとしても、介護行政は似たような用語も多くて理解するの時間がかかってしまうことも。

そのために開業準備や退職前で忙しい時期に思うようにことが進まなく、開業時期がどんどん遅れてしまうこともありえます。施設系の許可であれば空家賃のリスクをも孕んでいます。電話番号

このサイトをここまで読んだあなたは

・「自分で営業許可をとりたいけど申請書の書き方が分からない」

・「介護で独立してもうまくやっていけるのだろうか」

・「任せるのであれば介護専門の行政書士が良いけど誰がいいのか分からない」

等々、悩んでいませんか。


当事務所は、介護行政の営業許可のシステムを日々研究して

・最短×格安で許可の取得

・事務手続きの軽減化

・最適なソリューションによる安心感

これらをご依頼人に提供することに成功しております。

 

依頼を受けた後も、

・時間と費用を最大限カットしたサービス

・必要最小限のこと以外は丸投げしてもらうスタイル

・許可後の法的安定性を見据えた申請

 

この3点をモットーに、末長くご依頼人に信頼感を感じてもらえるよう誠実に業務に取り組んでいます。

当サイト内の記事では開業で悩まれる方々に向けた開業情報やお役立ち情報をなるべく分かりやすく公開しています。

また皆様のご家族にも活用できるような介護行政サービスや介護保険制度の解説の記事もあります。

どうかお役立てください。

介護事業の開業で分からないことがあれば気軽にご相談ください。

当サイト監修


行政書士として各種許認可を中心に年間300件の相談を受ける。

特に介護行政の手続きには力を注ぎ、許認可取得のアドバイスから開業後のコンサルタントまで幅広く活動。

上田貴俊行政書士事務所

〒107-0052

 東京都港区赤坂9-6-28 アルベルゴ乃木坂612

電話番号 03-6796-3064

FAX 03-6732-3063