アイコン-ペン【必見】介護タクシーの開業希望者からよく受ける質問集!よく読まれています。

介護タクシー全国対応!許可取得実績が豊富な行政書士が98,000円~から申請代行します!

デイケア デイサービス 違い

デイケアとデイサービスって名前が似ているけど、具体的にどう違うんだろう。

こんな思いでこのページに辿り着いたのではないでしょうか。

介護用語は似たような言葉が多くてややこしいですよね。違いはなんでしょうか。

このページを読むことで、デイケアとデイサービスの違いを大まかに知ることが出来ます

デイケアサービスとは

デイケアサービスとは通称であり正式名称ではありません。正式名称は「通所リハビリテーション」です。

リハビリテーションという言葉の通り、医療系のサービスを主としています。

ゆえにデイケアの指定を受けられる主体は老人保健施設、病院、診療所の3つです。

株式会社やNPO法人は原則的にデイケアサービスの主体になりえません。

デイサービスとの違いは?

医療従事者がいるかどうかです。デイケアには必ず医師が配置されます。

デイケアは医師の指示に基づき、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などによる医療目的のリハビリテーションが主なサービスです。リハビリテーションにより心身機能の維持回復、排泄や入浴等の日常生活を可能な限り自立して行えることを目的とします。

対しデイサービスはリハビリテーションではなく機能訓練やレクリエーションを通し健全な心身を保つ、ないしは向上することを主な目的としています。

デイサービスにも機能訓練という言葉はありますが、デイケアほど厳格なものではありません。無資格者でも機能訓練サービスを提供しています。

しかしデイケアでは無資格者によるサービスはリハビリテーションとみなされません

医師や理学療法士等の有資格者に基づくリハビリテーションがデイケアの主な目的だからです。

決定的な違い

デイケアでは医療行為が目的なので、医師が必ず一人はいます。

医師の指示に基づき有資格者がリハビリテーションを行うので、専門的な医療機器の配置が必要です。

逆にデイサービスには医者はおらず、看護師も利用定員数が10人以下であればいません。医療従事者が0人のデイサービスはあるわけです。

だからデイサービスは危険といことではありません。利用目的が異なるだけです。

語弊はありますが、デイサービスは楽しく通って元気になる所。デイケアは心身の悪いところを専門家に治療してもらう所。

このように考えていただければと思います。

アイコン-チェック・デイケアの指定を受けられる主体は、病院、診療所、老人保健施設のみ
・デイケアではリハビリテーションを主な目的とし、医師が1人以上勤務している
・デイケアには医療器具や専門の機械が必ず必要
・デイサービスとデイケアの決定的な違いは医療目的か否か

まとめ

デイサービスとデイケアの違いを簡単にまとめました。介護用語は似たような言葉が多くてややこしいですよね。

リハビリテーションを主な目的としている施設がデイケアで、医師が勤務しています。デイサービスには医師がおらず施設によりサービスも千差万別です。

どっちが良いというわけではなく、両方通うことも出来ます。利用目的に合せてお選び下さい。

 

介護事業の指定申請・許可をお考えのお客様へ

介護事業の営業許可は法人を設立してから指定を受けるなど細かな手続きが求められます。

いざ自分で申請書を書こうとしても、介護行政は似たような用語も多くて理解するの時間がかかってしまうことも。

そのために開業準備や退職前で忙しい時期に思うようにことが進まなく、開業時期がどんどん遅れてしまうこともありえます。施設系の許可であれば空家賃のリスクをも孕んでいます。電話番号

このサイトをここまで読んだあなたは

・「自分で営業許可をとりたいけど申請書の書き方が分からない」

・「介護で独立してもうまくやっていけるのだろうか」

・「任せるのであれば介護専門の行政書士が良いけど誰がいいのか分からない」

等々、悩んでいませんか。


当事務所は、介護行政の営業許可のシステムを日々研究して

・最短×格安で許可の取得

・事務手続きの軽減化

・最適なソリューションによる安心感

これらをご依頼人に提供することに成功しております。

 

依頼を受けた後も、

・時間と費用を最大限カットしたサービス

・必要最小限のこと以外は丸投げしてもらうスタイル

・許可後の法的安定性を見据えた申請

 

この3点をモットーに、末長くご依頼人に信頼感を感じてもらえるよう誠実に業務に取り組んでいます。

当サイト内の記事では開業で悩まれる方々に向けた開業情報やお役立ち情報をなるべく分かりやすく公開しています。

また皆様のご家族にも活用できるような介護行政サービスや介護保険制度の解説の記事もあります。

どうかお役立てください。

介護事業の開業で分からないことがあれば気軽にご相談ください。

当サイト監修


行政書士として各種許認可を中心に年間300件の相談を受ける。

特に介護行政の手続きには力を注ぎ、許認可取得のアドバイスから開業後のコンサルタントまで幅広く活動。

上田貴俊行政書士事務所

〒107-0052

 東京都港区赤坂9-6-28 アルベルゴ乃木坂612

電話番号 03-6796-3064

FAX 03-6732-3063